awsのバックアップ運用はAWS Backupがおすすめ

システムのデータに関するリスク回避で最も重要なのがバックアップです。データの損失リスクを防止するバックアップは、オンプレミスでもクラウドでも必須ですが、awsではAWS Backupと呼ばれる機能が備わっており、バックアッププランを容易に構築することができます。

バックアップの必要性や、AWS Backupの特徴、バックアッププランの立て方などを紹介します。

⇒aws環境とオンプレ環境での運用を比較!

awsにおけるバックアップ運用の必要性

システム構築ではリスク対策が重要になります。バックアップはそのリスクの回避策として用いられる手段の一つです。どんなに高性能なシステムであっても所詮は機械です。ディスクなどどこでトラブルが生じるかは分かりません。

これは、オンプレミス環境であってもクラウド環境でも同じです。そのためawsを利用しているからと言って、バックアップを取らなくても良いという判断にはなりません。サーバの管理の主体がawsの場合にはAmazon、オンプレミスでは自社という違いから、サーバ復旧への責任所在は変わりますが、バックアップを施していない場合のデータ復旧についての可否は約束されているものではありません。

バックアップをしていれば、万が一の事象が生じたときに、いち早く元の状態に戻すことできます。取り扱うデータの重要度等によってバックアップの重要性も変わりますが、紛失した際の影響度合いを加味してバックアップ運用を行っておくことがawsの運用で大事なポイントになります。

バックアップの種類

システムを構築する際のバックアップの方法にはいくつか種類があります。RAIDなどバックアップのシステム的な方法の違いの観点もありますが、容量を考慮したフルバックアップや差分バックアップなどの方法に大別されます。

フルバックアップをする場合、単純に利用しているデータ量の2倍のデータ量が必要となります。容量が大きければ大きいほど、バックアップに要する時間や負荷がかかります。日次でバックアップする場合、毎日前日分のバックアプデータを消去して、新たにバックアップデータを作成するという流れを繰り返すことになります。

これだけでも負荷が伴うため、システム環境に影響を及ぼします。負荷を考慮して更新した分だけバックアップを取るなどの方法もありますが、システム的に差分を取得するプログラムを準備したり、有事の際の復旧作業の際にバックアップデータを組み合わせる必要があるため、復旧作業がスムーズにできないなど、別なリスクを生じさせる可能性もあります。

一言でバックアップと言っても、その仕様や方法などは様々で利用環境に見合った手法を検討し、構築しなければなりません。

AWS Backupの特徴

awsでは、バックアップの仕組みを一から構築する必要がないように専用のバックアップオプションサービスであるAWS Backupを提供しています。AWS Backupは、aws内を一元化したバックアップシステムであるため、awsの利用に適した仕様になっています。

例えば、バックアップの自動化です。通常システムではバックアップを取るタイミングなどを細かく設定しなければなりませんが、AWS Backupでは、ボタン一つで自動バックアップを起動することができます。最もシンプルな方法でバックアップを起動できます。

もちろん、詳細設定を行う事も可能です。また、バックアップのコンプライアンス基準を満たす設計になっており、バックアップポリシーの適用、バックアップの暗号化なども自動で制御できます。アクセスポリシーはインスタンス毎に細かく設定できるため、的確なコンプライアンス基準を設定させることができます。

他にも、インスタンス毎ではなくaws全体を一元的にバックアップする機能や、バックアップデータの保管先を別にしデータを保護する機能などが備わっており、安心してバックアップ機能を利用する事ができます。

awsで抑えておくべきバックアップ方法

awsを利用している場合、何をバックアップすべきか悩むケースもあります。バックアップ方法で抑えておくポイントは3つあります。1つは、重要なデータに限定する方法です。すべてのデータをバックアップする事が望ましいのですが、重要なデータに限ることでバックアップ負荷を軽減させることができます。

データが失われる事で発生する損害と比較してバックアップの必要性を見極めることが必要です。2つめは、バックアップポリシーを決めることです。バックアップはその間隔が短ければ短いほどリスク回避できます。しかし、反比例して負荷が増大します。

どの程度のバックアップにすべきか予め決めておくことが大事なポイントです。そして最後にシームレスなバックアップです。バックアップシステムを構築するのは簡単ではありません。awsには、AWS Backupというオプション機能が備わっています。

身近にあるものを上手に活用する事で最大限の効果を出すことができるようになります。

バックアップに見合うコスト試算

バックアップは無料で構築する事はできません。awsを利用しており、AWS Backupを使う場合でもオプション料金やデータ格納先のストレージを別途確保しておく必要があります。バックアップはコスト試算で実施有無を判断するのが最もベストな方法です。

その計算方法はバックアップをしないことでデータが損失した場合の影響コストを算出し、それをバックアップを構築する事で防ぐことができるコストと見比べてバックアップ設定を検討することです。また、その発生頻度などを試算し、年間のコスト試算などを行う事が大事です。

バックアップを行う事は保険をかけるような行為です。そのため、保険金を支払うことでどれだけの損失をカバーできるかが損益分岐点になります。詳細...AWS運用 … CloudCREW

バックアップの有無だけでなく、頻度や規模などの算出にも同じロジックを利用します。どのインスタンスにバックアップを行い、どの程度の間隔でバックアップを取らせるかを利用しているデータの規模と照らし合わせて算出し、最適なバックアッププランを出すことが運用上最も重要なポイントです。

awsから提供されている機能を上手に活用する事で、コストの最適化ができるようになります。

⇒awsの利便性を向上させるcli運用

awsには専用のバックアップ運用ができるオプションがある

awsでもオンプレミスでもデータのバックアップはシステム運用では必須です。バックアップシステムの構築は難易度が高いですが、awsには専用のオプション機能が備わっており、上手に活用する事でバックアップを効率的にすることができます。

最も大事なポイントは運用しているシステムのバックアップの最適な運用方法を見いだし、どのようなバックアップを設置するかということです。